読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜろ通信

嘉向徹と保科亮太のブログです。└( ^o^ )┐

NENGUの納め時 ー たぶん世の中の99%の人たちは、この“ただ贈り続ける”スタイルを受け入れないだろうけど、あえて嫌われてもしょうがないと自分たちの感じるままに《張り》続ける

西暦2015年(ゼロ歴元年)12月。

f:id:team-0:20160107211553j:plain


黄金の国ジパングでは師走の風が吹きすさび、“ゆとり”という名の温室で育ったteam-0は《社会の大寒波》による凍てつく寒さに身も心も震わせていた...

 

と「ほしなさん、私、いよいよ所持金が3ケタに突入いたしましたー!」

ほ「そうかー!!!よく頑張った!!!俺ももうほとんどないからいよいよだね!!」

と「いや~、ここまで振り返ると、昨年から実験的に佐渡をメインに無料でいろんな人にいろんなモノを贈り続けて、とにかく身も心も《張り》続けてきましたね~」

ほ「そうだねー、たぶん世の中の99%の人たちは、この“ただ贈り続ける”活動というかライフスタイルを受け入れられないだろうけど、あえて嫌われてもしょうがないと自分たちの感じるままに《張り》続けてきたもんなー」

と「もはやあれですもんね、もしその時の自分たちで張りきれなければ、未来の自分からエネルギーを借りてまで《張って》きましたもんね!!」

ほ「ほんとだね、現代は未来の自分からエネルギーを借りてまで《張る》ことができるんだから、恵まれた環境だよなー!! しかも何故か日本のみならず世界から無料で召喚してもらったりしたもんねー」

と「あれは理屈では説明できませんけど、完全に“まわって”ましたね!」

ほ「ああ、俺たちがひたすら贈り続けた結果、なぜか俺たちが全然脈絡のない第三者に何かを『贈られる』という奇跡としか言いようのない現象が起こったからなー!!」

と「いっぱいもらいましたね~」

ほ「いっぱいもらったな~」



(遠くを眺めながら回想する二人...)



と「このあたりで…」

ほ「うん…」

と「納め時、ですか」

ほ「納め時、だな」

と「でも、こればっかりは“タダ”で納めるわけにはいきませんね」

ほ「わかってるね、とおるさん。さすが俺の相棒だぜ。」

と「ありがとうございます。ほしなさん。」

ほ「イタチならぬ、“team-0のさいごっ屁”ってやつだね。」

と「やりましょう」

ほ「来世でもよろしくな」



・・・



と・ほ「明日死ぬかもしれない。」


時間:西暦2015年(ゼロ暦元年)
12月23日~12月31日
場所:第三惑星地球
内容:team-0の二人が「未来の自分からのエネルギー」という名の借金を返済する『大監獄時代(インペルダウン)』に入る前に、最後の最後の力を振り絞って自分たちを無料大開放するので、年末に猫の手も借りたい方は奮ってご応募ください☆彡どこへでも無償でteam-0をご提供させていただきます。m(_ _)m

【team-0/いよいよ最終回!?ゼロなのにNENGUの納め時でスペシャル☆ 〜ぼくらの活動限界はどこなのか〜】 | Facebook