読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜろ通信

嘉向徹と保科亮太のブログです。└( ^o^ )┐

叩売スタイル ー 戦争をしたくないから、自分たちで戦争をつくる

f:id:team-0:20160106165518j:plain

トビウォーズ エピソードⅡ あらすじ

 ・・・・西暦20XX年。 

・・・・・・・太陽系 第三惑星 地球。

奇跡的に和平に持ち込んだ第二次海洋大戦から500年、この星では今もなお紛争が絶えず、民は疲弊していた・・・・・。

度重なる産業革命によって地は裂け、鉄分を多く含んだ海は"鉄海"と呼ばれ、海洋生物は激減していった。

これに激怒したオリュンポス評議会の"海神・ポセイドン評議員"は人間への報復を文字通り水面下で企てはじめた

f:id:team-0:20160106170031j:plain

ポセイドンは魚類に大号令をかけ、全人類との生物間戦争を起こそうと、惑星SADを統一した大海賊”顎山車海賊団"(あごだしかいぞくだん)の復活を目論んだ。顎山車海賊団とは先の第二次海洋大戦で「飛べない魚(うお)はただの魚(うお)」というスローガンを掲げ、当時の海洋神総帥ポセイドンさえも脅かした、あの伝説の一味である

このポセイドンの動きをいち早く察知したのはポセイドンの実の双子の兄"太陽神・アポロ共和国議長"だった。

f:id:team-0:20160106170007j:plain

ポロはポセイドンが生物間戦争を起こそうとしていることを知り、それを制止するために超能力の一種であるフォースを使う"ゼロ騎士団"から連邦調査員トール・スカイウォーカーを召喚する。

緊急連絡を受けたトールは盟友のロボットR2-H2とC3-TYを連れて地球へと急行した。

死をも厭わない決死の潜入調査の末、トールらが生物間戦争を止める手立てとしてアポロに提示した方法とは・・・あえて、あの伝説の顎山車海賊団(トビウオ)を人間たちに喰べさせることであった。

惑星SADのトビウオで作られた"焼きあごだし"の旨味により、人間たちが持っていた太古の超能力"隣人愛"を呼び起こす。トールは人間のネイバーフッドエネルギーを海洋生物に向けさせることで生物間戦争を止めようと試みる。

程なくしてアポロ共和国議長とトール・スカイウォーカーたちの活躍によって、世界に平穏が訪れたかのように見えた。

しかし、ポセイドン評議員の描いた絵図にはまだ続きがあった・・・。

see you next story

 

・・・




【今回の叩売スタイルは〜】

 前回の叩売スタイルにて佐渡産乾燥わかめをお買い上げいただいた全ての皆様に感謝を込めて、佐渡でお世話になり過ぎているBOSSから渡された《原価400円の佐渡産焼きあごだし》を今回も全国各地で叩売ります。


そして、なんと、このあごだしを原価以上のお値段で買っていただくと、もれなく僕らのお小遣いになるというのがこのスタイルの特徴└( ^o^ )┐

参考記事 ちーむぜろぼくらのうた 「おかね」http://team-0.hatenadiary.jp/entry/2015/06/20/125149



【あごだしとは〜☆】

 言わずと知れたダシ界の王様、トビウオの焼き干し・通称”あごだし”


佐渡ヶ島で今年の初夏に行われたトビウオ漁→うろこ取り→さばき→乾燥の工程をteam-0もお手伝いさせていただいた一品。



【場所】EVERYWEHRE ≒ team-0が行く先々の各エリアにて基本的にゲリラ開

【時間】トビウォーズエピソード2の終わりまで

【連絡先】team-0の嘉向徹までよろしくおねがいしますm(_ _)m