ぜろ通信

嘉向徹と保科亮太のブログです。└( ^o^ )┐

悲壮感なき玉砕 ー こんな馬、他に誰がいるか。いない。ツインターボだけだ。

1988年4月13日、後に『最後の個性馬』と呼ばれ、競馬ファンから愛された競走馬が誕生した。彼の名はツインターボと言う。

同年6月29日、『ジメっと明るい馬か』保科亮太、誕生。

翌々年11月24日、『生まれ変わった嘉向秀雄』サラブレット徹、午年に誕生。

 

 

小さい体だったからか、ツインターボはとにかく怖がりで、馬群の中に入れたらひるんでしまって全く競馬にならない気性の馬だった。彼の戦法は「大逃げ」。

チームゼロもまた、一般社会では萎縮してしまって使い物にならない、引退寸前の老馬だ。逃げ足だけは早い、かもしれない。

 

逃げ馬は時として逃げないこともあるが、ペースなどという単語を微塵も感じさせない破滅的な大逃げを打つ。反面、強気の大逃げからぐんぐんと馬群に沈んでいく玉砕スタイルも併せ持つ。競馬ライターの山河拓也氏は、ツインターボを「悲壮感なき玉砕。こんな馬、他に誰がいるか。いない。ツインターボだけだ」と評している。

 

チームゼロも振り返ることを知らない。ただ前に逃げ進む。近年では、歩いたり、立ち止まることも善しとしている。この日も『湯河原春の陣』を敷くべく、城主・プレゴ郎率いるプレゴ湯河原店のゲートに並んだ。それぞれが片手に握りしめた一万円。大逃げでゴールテープを切るイメージはできていた。

 

逃げ切った時の勝ち方も豪快なら負け方もまた爽快。勝つ時も負ける時も、ツインターボは常にスタートからエンジンを全開にする。もちろん観客も彼の大逃げを期待する。しかし、多くの場合は玉砕して散る。次のレースでも、また懲りずに先頭をひた走り、やっぱり玉砕するのだが、お金を賭けた人ですら「やっぱりやりやがった! しょうがねえなあ」と笑っている。

 

一方、一人が当たるとその出玉を隣に座る相方へと渡す、両エンジンを兼ね備えたチームゼロ。その戦法が見事当たり1万発に到達。しかし、それは海外渡航を控えた二人のゴールではない。最高、いや、最低でも2万発、それがレースを終わらせる条件だった。

 

ゲートが開くと同時にロケット花火のように飛び出し、大逃げを打った末に逆噴射を起こし、ともすれば故障発生にしか見えないようなムーンウォークを見せ、最後は歩いてゴール板の前を通過する。勝ったレース以外では掲示板にすら載っていない。そんな競馬しかできなかった。

 

一度は一万発の大台に玉数を乗せ、レースでは頭一つ抜きん出たチームゼロだったが、後半徐々に失速、当たるけれども、続かない。継続性に欠けた展開。みるみるうちに隣の台に抜かれていく。常人であればここで潮時と見るだろう。けれども、この両エンジン、燃料が尽きるまでは止まることを知らない。

 

www.youtube.com

 

続きを読む

シネルテンクニ ーただ無償で、無意味に、無目的に、無条件に爆発するだけ。

www.youtube.com

 

ここに【零ノ藩家訓十五箇条】を記す。

f:id:team-0:20161225131121j:image

 

 

一、義務教育は、もう終わった

f:id:team-0:20161225130847j:image

 

 

一、予定や計画は立てず、余白を生かす

f:id:team-0:20161225131335j:image

 

 

一、傷ついて、はじめて気付けて、築ける

f:id:team-0:20161225131557j:image

 

 

一、成功ではなく、失敗にこだわる

f:id:team-0:20161225131705j:image

 


一、得をするのではなく、損を得る

f:id:team-0:20161225131932j:image

 


一、高きは低きに流るる

f:id:team-0:20161225132346j:image

 


一、もらったモノは留めずまわす

f:id:team-0:20161225132704j:image

 


一、自分だけは、絶対に離さない

f:id:team-0:20161225132725j:image

 


一、ハグせざるモノ、働くべからず

f:id:team-0:20161225134655j:image

 


一、ハグせざるモノ、食うべからず

f:id:team-0:20161225132954j:image

 

 

一、ハグせざるモノ、遊ぶべからず f:id:team-0:20161225134724j:image

 


一、白でも黒でもない、レインボーアンサーとは

f:id:team-0:20161225133513j:image

 


一、きれいに咲こうとせず、美しく散る

f:id:team-0:20161225133814j:image

 


一、100万人の共感よりも、たった一人のあなたへ

f:id:team-0:20161225133843j:image

 

 

www.youtube.com

 

 

 f:id:team-0:20161225134026j:image

一、明日死ぬかもしれない

僕たちは世界も自分も変えることができない。But, we wanna build a myself in Cambodia. [Epilogue]

カンカンカン
カンカンカン
自分たちで踏切の音を鳴らす

自分で決めるとスイッチが入り
自分で断つとレバーが引ける
錆びれたおんぼろ奇勘車

レールはあるのかないのか
借りてもこれるし作るもできる
車両は一つで座席はない
借りるは楽で作るは大変

ああきっと僕たちは
僕たちだけで走ることもできないんだね

ああきっと僕たちは
世界も自分も変えることができない

 

youtu.be

 

キュルルルル

ドンドンドン
自分たちでエンジンの音を鳴らす

自分で決めると鍵がまわり
自分で断つとアクセル踏める
車検切れのぽんこつ児童車

道路はあるのかないのか
買ってもこれるし造るもできる
ブレーキあるけどハンドルない
買うのは楽で造るは大変

ああやっぱり僕たちは
僕たちだけで動くこともできないんだね

ああやっぱり僕たちは
世界も自分も変えることができない

 

youtu.be

  

忘れものはなんですか

忘れるくらいのものですよ


忘れないものはなんですか

明日リュックサック持って行け


ああきっと僕たちは

世界も自分も変えることができない


ああやっぱり僕たちは

世界も自分も変えることができない

 

f:id:team-0:20161128211151j:image

 

f:id:team-0:20161128211229j:image

 

明日死ぬかもしれない。

稲むらの火 ー 駄目なところが駄目なままで駄目じゃない

 昔、むかし、佐渡ヶ島にある野浦という村に、八兵衛という男が住んでおったそうな。

八兵衛は生来のダウナー系コミュ障のため、国立大学を中退したニートだったが、隣に住む鈴(すず)が分かりやすく大好きだった。

ある夏の夕暮れ、その日は村祭りで、鈴と婆さんが神社に出かけていった。八兵衛も珍しくわくわくしながら小ざっぱりした着物に着替えていた時、突然、ぐらぐらと長い横揺れが起こった。

 ー長い地震の後には津波が来るー

八兵衛は村の古老・源右衛門から聞いたことを思い出し、はっと海を見た。

すると、海の水がものすごい勢いでどんどん沖に引き始めていた。

「鈴、すず」

八兵衛は大急ぎで松明に火をつけ神社に走ったたが、津波の到達するまでにはとても間に合わないと思った。

「どうすりゃええんじゃ」

途方にくれて見上げた空に、星々が美しく輝きはじめていた。それが野浦の棚田に広がる黄金の御米粒たちの姿と重なった。

八兵衛は、はっとして山へ駆けだした。

左胸を前に突く音がどんどん大きくなっていく。

やるしかない、やるしかない。

八兵衛は、稲刈り後の田にあった稲むら(稲の束)に火をつけて皆に気づいてもらおうと考えたのだった。

ー今年も本当に助かったよ

ボスと皆で一生懸命に稲刈りをした日々を思い出した八兵衛は、それらの稲に火をつける事にためらいを感じた。

そこでなんと、せっかく苦労して刈った八兵衛家の稲むらに火をつけたのだった。

「おとうさん、ごめんよ」

めらめらと燃え上がる稲むらからは、もくもくと煙が上がり、祭りに夢中になっていた村人たちもすぐに気が付いた。

村人たちが火事を消そうと駆けつけた。

津波が来ている、山へ逃げろ」

八兵衛は婆さんを背負い、鈴と一緒に駆け出した。

もう目の前に津波が迫ってきていた。村人たちは必死になって山を駆けのぼった。

八兵衛たちが最後に山へ登りきった時と津波が村を飲み込んだのは、ほとんど同時だったそうな。

幸いにも村の中で誰一人死んだ者はなかった。

その日を境に、村の人々は八兵衛家へと余った米を分け与えるようになった。

八兵衛のコミュ障はほとんど治らなかった。

 

 

www.youtube.com

 

 「稲むらの火」のスピンオフはこちら

10月10日(月) - 天パ日記

 

 

f:id:team-0:20161021194026j:image

明日死ぬかもしれない。 

真ック赤盛り ー 負けるとわかってなぜ戦う

 日本をポジティブに‼︎

f:id:team-0:20161021192700j:image

 

 わかってもらえるさラジオ#27上巻

www.youtube.com

 

マニフェスト8大革命

 

恒久平和

世界で唯一の被爆国である日本だからこそ日米軍事同盟の枠を超えて徴兵制度と軍隊の無い完全永久中立国宣言をする。実質的軍隊である自衛隊を災害救援隊に編成し核兵器のみならず全ての殺戮兵器の全面撤廃を目指します。武器よさらば!そして非暴力非協力!!平和憲法9条を守ろう!

【弱者救済】

大企業、大政党等日本全体が多数意見により左右され、少数意見が抹殺されている。すべての改革は少数派が多数派に反対する行動から始まっている。中小企業、貧困層、心身障害者すべての社会的弱者(マイノリティ)を救済する為、スマイル党は少数派の声を代弁します。

 

1.教育革命‼︎

f:id:team-0:20161021190433g:image

(1)スマイルと挨拶が出来る教育
(2)奇人・変人を尊重し、金太郎アメ教育を改める
(3)個性を奪う制服とリクルートルックの撤廃

 

 2.うつ病革命‼︎

f:id:team-0:20161021190523g:image

(1)副作用のある抗うつ剤の全面禁止
(2)抗うつ剤の多剤大量投与をしている悪徳精神科医の医師免許剥奪
(3)スマイルセラピー等の精神療法への移行促進と保険適用強化

 

3.接客革命‼︎

f:id:team-0:20161021190626g:image

(1)ホテル・レストラン・受付等の接客スタッフに「スマイル」トレーニングをする
(2)それでもスマイルが出来ない接客スタッフは「接客ロボット」に代える
(3)「接客ロボット」で運営される ロボットレストランの普及

 

4.恋愛革命!!

f:id:team-0:20161021191402g:image

(1)少子化対策として恋愛・婚活を政府のテーマにする
(2)厚労省に「恋愛婚活支援室」を設置する
(3)中高年対策として中高年の恋愛・婚活を推進する

 

5.税制革命‼︎f:id:team-0:20161021191635g:image

(1)所得税法人税の大幅減税
(2)宗教法人・学校法人・医師優遇税制の見直し
(3)源泉徴収制度を撤廃し、自己申告制度に

 

6.選挙革命‼︎

f:id:team-0:20161021191800g:image

(1)投票を教育・勤労・納税に次ぐ国民の義務にし、違反者に罰則規定を設ける
(2)投票率が50%未満の選挙は全て無効とし再選挙を行う
(3)選挙権を18才以上、被選挙権を20才以上とする

 

7.議員・公務員革命‼︎

f:id:team-0:20161021192011g:image

(1)議員の人数と報酬を1/2にカットする
(2)議員への優遇措置(宿舎家賃、JALANA・JRパス等)を撤廃する
(3)公務員に考課制度を導入し、昇給・降格・免職と業務の効率化を図る

 

8.幸福革命‼︎

f:id:team-0:20161021192123g:image

(1)GNH(幸福度指数)を上げるための施策推進
(2)幸福対策基本法の制定
(3)幸福を統合的に推進する「幸福省」を創設

 

スマイル党|公式ホームページ                                                               マック赤坂

 わかってもらえるさラジオ#27下巻

www.youtube.com

 

 

 異端児異端児異端児異端児どこにいたんじ、ここに異端児

 

 

www.youtube.com

 

 負けると分かってなぜ戦うー。

 

f:id:team-0:20161021193107j:image

 

  

明日死ぬかもしれない。

僕たちは世界も自分も変えることができない。But,we wanna build a myself in Cambodia. [Prologue]

嘉向徹が近々タイに行くという連絡がきた。何でも“コムローイ”と呼ばれる年に一度ランタンを打ち上げまくる祭りに行くらしい。

彼の《超大切な他人》とされているフォトグラファーのChiaki氏が、去年彼の誕生日を祝って現地まで招待したのに、シュールなケンカをして見れなかったリベンジのようだ。同じ失敗を繰り返さないように彼女が画策したのが、最近共に活動しているアーティストのMAYUCHAPAWONICA氏を第三者委員会として同行させることだった。

時を同じくしてMAYU氏(後のMAYUCHAPAWONICA)と《ibaya》を合同会社として設立した坂爪圭吾氏が、最近いばやへ電撃加入した喫茶「ラムピリカ」のオーナーであり二児の母でもある千秋さんとタイ周辺に行く情報が入る。

いばや関係者の情報によると、11月29日に新潟の“愛に溢れすぎたカフェ”でお馴染みだった『イロハニ堂』で、【イロハニ堂完全撤収ライブ ~最後にいってらっしゃいを言わせて~(仮)】が開催される運びとなったらしい。その中身が「海外に行ってきたばかりの新生いばやメンバー集合振り返り的トークを繰り広げる」というざっくりとした内容だった。

冠婚葬祭系で無給休暇中だった保科亮太は、その事実を知って驚愕した。

「お、俺かっ...(今回がむしゃらになる担当は)!!」

そのような経緯で、どうにかして月末のイベントまでに海外に行きたくなった。

最近ドライバー率の高い保科は、青い空を飛んでいく飛行機を見上げる度に「ああ、俺も飛んでいきたい」と呟くようになっていた。

過去に収まりが利かなくなると、わざわざ空港まで行って有料閲覧ゾーンに入り飛行機の発着シーンを見届けた後、帰りの車中でドラマ「Good Luck!」のサウンドトラックを聴いて、あたかも遥か遠くの地へ赴き、はるばる戻ってきた感を自身に演出するほどの難病を抱えていた事を思い出した。

実は、昨年の半分くらいをカンボジアで過ごしていたという笑顔が素晴らしい女性から「ぜひあなたとカンボジアに行ってみたい」と彼は誘われていた。

しかしながら、皆さんご存知の通り、彼(ら)には持ち合わせがない。「お金が無い」とは言わない。4桁くらいはある。しかしこれでは飛行機には乗れない。

「ごめん、いまちょっとお金が足りないからさ、また今度ね。」

この“また今度ね”的フレーズを使うときほど実現可能性の低いものはない。負のサイクルを断つ時がきた。

「よし、覚悟を決めてカンボジアに行くか(目標6万くらい)!」

月末のイベントに間に合うようにお金を工面して行けばいい。大丈夫だ。まだ時間はある。「さあて、どうやってお金を集めるかなっ」とスマートフォンを開いては、最近気になっていたバラエティ番組をYouTubeで視聴していた。当然、時間だけが過ぎて行く。彼にとっては時間もお金と一緒で、あればあるほど浪費してしまうようだ。

分かる人には分かるかもしれないが、このとき心を覆い尽くす罪悪感とも虚無感ともとれる見えない何かによって、やる気という希望は少しずつ奪われていく。

(うわ...全然良いアイデアが浮かばない...カンボジア行きたい企画にしたところでどうしても稼ぐ系になってしまう...)

彼は徹のように何かアイテムを売ったりする気はおろか、身を挺してお金をもらいに行く気すら起こせなくなっていた。

これまで数々の恩恵を授かり海外に行かせてもらった保科の身体は、“ただ海外に行く”というだけではチケットを取れない病に侵されていたのだ。

このままではいけないと思いながら、久しぶりに家族が集まり法事に出かけた。

〝どうみてもこの108以上ある煩悩を少しでも滅することに徹しよう…〟

背筋を伸ばし、住職が唱えるお経を心で聴く姿勢をとりながら、静かに目を瞑った。

(ああ、あ。色々考えたけど、結局ナイスなお金の集め方なんて思いつかないな。というか、それが出来たらこんな状況になってないしな…)

線香の細い煙が鼻を通り、少しずつ体内に染みわたっていく。何だか身体が軽くなった気がした。

(そうだ!出来ない奴は出来ないなりに開くんだ!素直に、そのままで開くんだ!)

どうやら開眼したようだった。彼の中にあった「カンボジアに行くための資金を集める」という選択肢が消えた。

その晩、保科はいつもに増して穏やかな気持ちでYouTubeをサーフィンしていた。人間とは簡単に変わらない生き物である。

そんな時、独自路線を貫く世界のイチロー氏に次いで、彼が尊敬の眼差しを向けるサッカー界の異端児・本田圭佑氏の動画に目が止まる。

「チャレンジ精神をもっと持つためにはどうすればいいのでしょうか。」というインタビュアーの質問に対して彼はこう答えた。

「どうすればいいかでしょ? 海外に出るんですよ。日本がどんなサッカーレベルか分からないでしょ? 世界に出たら分かるんですよ。ー『明日リュックサック持って行け』って言ってるんですよ。皆なかなか行かないです。割と良い年俸もらってJリーグでレギュラーでファンもいるんで。ーぼく誤解されてるんですけど、ちなみにそのスタンスで行きましたからね。ぼくオファーあってオランダ行ったんじゃないです。もう行かないと始まらないの分かってたんで、行って、テストして、そこで契約したいと言われて、契約にこぎ着けることが出来たんで。『出りゃあいいんですよ』『ただ日本だけでやってると分からないことがあるから出ろ!』って言ってるんです。」

www.youtube.com

(...そっ、それだっ...!!)

保科はこの下りを20回くらい再生して見まくった。

「なるほど!そうか!そうか!リュックサックを持って出りゃあいいんだ!!」

彼の心は愚直なまでに開いてしまっていた。

〝行く前に困って何も出来ないよりも、行って全部みてから困ればいいんだ〟

完全に逆転の発想だった。

・少なくとも移動費などの金銭面において困る総量は変わらない

・むしろ余裕のない方が本気の知恵が出るはずだ

・がむしゃらに突入することにより自身の潜在能力が引き出される

と、勝手に理論づけて自身の脳を思い切り騙したようであった。理性の働く脳の司令を無視して、全ての気を腸に集め、直感を信じた。

彼はすぐにメッセージを送った。

 

「3日後にカンボジアへ行きましょう。」

 

 f:id:team-0:20161104192854j:image

【team-0/僕たちは世界も自分も変えることができない。But,we wanna build a myself in Cambodia.】

 

明日死ぬかもしれない。

SGG総選挙ー ぼくらのできることは“0”を揺らして1に近づけること

 

【わかってもらえるさラジオ#26】

 

f:id:team-0:20160711171433p:plain

 

 

 

ーいまも矢面に立ち続けるマック赤坂氏に捧ぐ 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

400日前くらいに結成し、48時間で解散した奇石の漫才コンビ・チームゼロ

 

 

先の選挙では、応援したい人を応援するためにありとあらゆる裏方をこなした。

 

f:id:team-0:20160710201204j:image

 

候補者ではないのに、白手に笑顔で街宣活動

 

f:id:team-0:20160710193326j:image

 

候補者ではないのに、マイク片手に街頭演説

 

f:id:team-0:20160710193422j:image

 

候補者ではないのに、支持者への挨拶まわり

 

f:id:team-0:20160710194319j:image

 

候補者ではないのに、自転車に乗って市内を駆け巡る

  

f:id:team-0:20160710194105j:image

 

後援会設立

 

会見責任者

 

徹夜で公選葉書

 

電話作戦

 

そして

 

映画「立候補」を観て、泣いた。

 

f:id:team-0:20160710194604j:image

 

 

候補すること以外はやるだけやった。

 

 

しかし

 

 

手応えはない

 

 

自分たちだけで盛り上がっているだけではないのか

 

 

本当のコミュニケーションとは

 

 

不器用過ぎるぼくらの想いを伝える方法

 

 

うまくやろうとしない

 

 

きれいにみせようとしない

 

 

素直なやさしい気持ちで

 

 

こころ穏やかに話すこと

 

 

走って、傷ついて、穿ち続けて出した応え

 

 

f:id:team-0:20160710195129j:image

 

 

二人のSっ気とMっ気が合わさって生まれた表現

 

 

もし一人も聴いてくれなかったとしても、隣にいるピエロは聴いてくれる

 

 

もし一人も笑ってくれなかったとしても、隣にいるピエロが笑ってくれる

 

 

もし一人も伝わらなかったとしても、隣にいるピエロには伝わっている

 

 

100人には上手く話すことは難しいけれど、一対一ならきっとできるはず

 

 

 

 

「相手が100人いるなら、一対一を100回やろうじゃないか」

 

 

 

 

f:id:team-0:20160711171425p:plain

 

 

 

「相手が100万人いるなら、一対一を100万回やろうじゃないか」

 

 

 

 

f:id:team-0:20160711171438p:plain

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

ぼくらのできることは“0”を揺らして1に近づけること

 

 

 

「さてさて今年もこの季節がやってまいりましたね!!!ー」

 

  

f:id:team-0:20160711170255p:plain

 

 

 

明日死ぬかもしれない。