読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぜろ通信

嘉向徹と保科亮太のブログです。└( ^o^ )┐

初編 其のニ「小針浜」

流刑のすゝめ

 2013年春。嘉向と保科の出会いは、新潟県内で行われている震災関係のボランティア活動で訪れた。関係者が多かったこともあり、お互いに挨拶程度で、「元気そうな若者がいるな」くらいであった。この時、何気に嘉向はサラリーマンで、バリバリではもちろんないものの、一般社会に身を投じて働いていた。可もなく不可もない日常。保科の方は、お金を貯めて海外放浪の予定を早々と投げ捨て、地元に戻ってボランティア団体を三つ四つ掛け持ちして生活していた。二人とも誰かのため、という動機よりも、人との出会いの流れでやっている、という感覚であった。

 嘉向は三人男兄弟の末っ子のO型、動物占いは狼。両親が海の家やカフェを経営しており、ネイチャー系な雰囲気のもと、伸び伸び育ってきた。内定していた大学進学を直前で取り下げ、教職員一同対嘉向で行われた懇談会は、今やレジェンドである。トレードマークとなっている『青髪』については、幾つかの逸話が残されているが、有力説としては、“海の青に心底惚れていて、その青に同化したいから”が強い。『新潟が生んだ海童』とも呼ばれている。

 保科は二人兄弟の末っ子のO型、動物占いはライオン。自称『叩き上げ』で、両親共働きの中流家庭に育った大卒の野球少年。単純に野球が好きで、就職も進学もせずに社会人でも二年プレーした。「枠の中ではやり切ったな」という勝手な達成感を感じた後、『自分へのご褒美キャンペーン』と題し、海外進出を企てたが、“今しかできない”川の中へ身を投じ続けた結果、現在の流れに至る。爽やか系と称されがちではあるが、母親も含めて何人もの女性を泣かせてきたウェット野郎である。

  そんな二人が親睦を深めはじめたのは、嘉向がそろそろリーマンを辞めようかなという秋頃で、最近のリーマン事情を聴きながら、二人で出張ボランティアで山形に行ったり、暇な時に連絡を取ったりするようになった。やがて保科も流れでNPOなどで勤めたが、発作的にやりたい事が多過ぎて「シフト制」に限界を感じ始めていた。症状が悪化した時などは、休みの日に空港まで行き、飛行機に乗らずして飛行機の離着陸を見届け、“遠くまで行って、無事に帰ってきました感”を自身へ演出していた。

  ある初夏の日の夕暮れ。二人は新潟県の小針浜から少し泳いだ先にある、小高いテトラポットの上にいた。眼前に広がる海面の先には、佐渡が大きく見えた。たわいもない色もの話などをした後、二人の間にぽつりぽつりと言葉が出てくる。

「僕のおばあちゃん、佐渡に一人で住んでいることもあって、やっぱり畑とか大変そうなんですよね〜。多分そういう人たちって、かなり多いと思うんです。そこに僕みたいな、体力はあるけど何したらいいか分からない若者を、じゃんじゃん送り込んだら面白いんじゃないかなって思うんです。」

嘉向に続いて保科もつぶやく。

「なんか、新潟とかで東北で被災した人たちと交流してきたけど、いい感じに誰でも遊びに来れる拠点があったら、いちいち企画しなくてもいいんだよな〜。もう、どこの人だからとか、どういう背景があったからとか、そういうの、関係なく会いたいよね。」

 二人の中には、“誰かのために”を唱えて行動する能力が欠如していた。「自分がやりたいと思ったから、やる。」それだけだった。「自分が動いた結果、誰かが喜んでくれたらラッキー。」そのくらいだった。おそらく、“誰かのために”を先行し続けると、何か上手くいかなかったときに、その“誰かのせいに”したくなる、そんな自分に会うのが嫌だったのだろう。お金を介さない、ボランティア活動の中などに身を投じたからかもしれない。「やりたくて、やってます。」見返りは、自己満足だけもらっていく。重要なのは、“どれだけ自分を出し切れたか”だった。いわゆる“ボランティア精神”とか、ない。「身を捧げたくなって、捧げている。」ボロボロになってから食べるご飯が、死ぬほど美味しかった。ボロボロになってから眠りに就いた布団が、死ぬほど心地よかった。

 組織とか団体に所属しているから出来る事が、山ほどある。逆に、肩書きのない個人だから出来る事も、山ほどある。どっちが良くて、どっちが悪いこともない。行きたい方に、行けばいい。どっちが自由で、どっちが不自由もない。心の在り方次第で、どうとでもなる気がした。

 

 佐渡の方に夕陽が沈んでいく。

 

 f:id:team-0:20170220144806j:image

 

 海面に漂う二人の身体が、ゆっくり、ゆっくり、影になって消えていった。

初編 其の一「選挙漫才」

流刑のすゝめ

「天はゼロの上にゼロを造らずゼロの下にゼロを造らず」と言えり。

 これが言いたくて、書いている。一文に込めた意味は、特に無い。しかし、何となく、もう一度読んでみる。なるほど。どうやら案外に理屈でも間違ってはなさそうだ。こちらからの意味付けは無いけれど、このセリフの持つ意味は、もしかすると青天井に広がるかも知れないし、もしかすると深く深く根を伸ばしていくかも知れない。本書は、このように、ふと"ゼロ"と口走ってしまったがために、予期せぬ展開に流れてしまった者たちからの、少しばかりのダイイング・メッセージである。いま、そこにいるあなたに、鼻で笑ってもらえていたら嬉しい。

 

 

f:id:team-0:20170219132354j:image

2015年4月10日。嘉向徹と保科亮太は、人の行き交いが多い、夕方の新潟駅万代口の改札前に立っていた。二人お揃いのピンクの薄いジャンパーに、白手を身に着けている。背中には“Go for the children”の文字。何かのキャンペーン中なのかといった様相である。どこか緊張しているようにも見える二人のニコニコ顔が、一層不気味さを際立たせていた。何やら(おしっ)と言って気合いを入れた。二人一斉に威勢良く口を開く。
「はいっ、新潟駅前をご通行中の皆さん、こんばんはー! えー、ただいまの時刻は、午後の6時13分を回りました! 皆さん、本日のお勤めも大変お疲れ様でした!」
 チラッと、待ち合わせ中の人が何人か二人の方を見る。声のトーンが上がっていく。
「いや〜保科さん、いよいよ近づいてきましたね〜、四年に一度のあの日が!」
「おおっ、四年に一度といえばオリンピックですか! いや待てよ、、うーん、リオデジャネイロの風はまだ感じられませんねー、徹さん。」
「違うんですよ、今回はプレミアムなんですよ。しかも明後日が本番! 最近その告知を市内中でやっているんですけど、気づきませんでしたか!?」
「えー、そうなんだ! そうだな〜、、ん! もしかして、お花見イベント!?」
「うわ〜! そっちか〜、逆にそっちは最大のライバルですよ! その前に行くとこありますから! もう、忘れないでくださいよ〜!町内にある掲示板の顔写真見て〜!!」
「掲示板?、そうかそうか思い出しましたよ徹さん!!」
「そう、明後日4月12日の日曜日はー」

『四年に一度の新潟市議会議員選挙の投票日っ!!!』

 二人がパチパチパチと軽く拍手する。
(なんだ、選挙かよ。)という、一つオチがついてしまったかのような空気が辺りに流れる。二人は続けた。
「それは一大事ですね! ところで徹さん、僕ら政治の事とか全然知らない現代っ子じゃないですかー。でも最近ですね、今ちょうど立候補中の方からちょっとだけ政治って何なのか教えてもらったんですよー。」
「おお、ぜひ教えてください。」
「例えばですね、そこにある駅のゴミ箱。まずは、僕らがゴミを捨てた後に、サービスでそのゴミを集めてくれている人がいますよね。さらにその後にゴミ収集車が現れてクリーンセンターとかに運んでいってくれますね。そしてまた燃やしたり再生させたり何だりがはじまります。この一連の流れ、元を正せば“政治”によって決められているんだそうです。」
「へ〜、そんなこと、考えたこともなかったです!」
「もう一つ。いま徹さんこんな感じで元気にやってますけど、おっと、いきなり胸が苦しくなりました、はい、どうしますか?」
「うう、だ、誰か。。きゅ、救急車を…」
「そうですねー! ここで徹さんが突然倒れたら誰かがそれを見つけて救急車を呼んでくれます。そしてピーポーピーポー運ばれて気づいたら集中治療室、ああ俺はなぜここに、ああそうかそう言えば…なんて思っちゃったりして一命は取り留めて病院にステイしちゃえる訳ですよねー! 実はこれも元を正せば“政治”によって決められているんですって!!」
「それはすごいな〜、助かるわぁ。でも、そんなことしているなんて皆さん知らないですよね?」
こいつら何なんだという顔で、二人をまじまじと見つめるリーマンふう男性。やや後方で何となく暇つぶしに聞いているふうなカップル。二人は気にせず続ける。
「そう! それこそ政治を行う議員さんの身のこなし方なんです! 彼ら彼女たちは、あたかも自分たちは何もやってませんよーくらいの謙虚さを持って僕らの生活に関わるほとんどの事を決めてくれているんですって! だって市民の皆さん、国民の皆さんのおかげで自分たちがこうして働けるのですから。って、ホントに腰の低い方々なんですわー。」
「なるほど、つまりこういう事ですね、『あの暑い夏の日、野球大好き保科少年が疲れ切ってベンチに腰掛けて一息ついたその瞬間、「ハイ、これ。」と笑顔でフワッと良い匂いのするタオルを渡してくれた、あのマネージャー。』という感じでしょうか!?」
「ざ、ザッツライッ!! 議員さんはみんなの浅倉南的なマネージャーなんですっ!(俺ほぼ男子校だったけども‼︎泣)」
周囲の怪訝そうな表情と逆に、二人の熱は上がっていく。
「と、いうことで、ですねー。今回は四年に一度の浅倉南、AKM選抜総選挙なワケですよ! だから早くチケット手に入れてねー!って話なんですよ。」
「そういう話だったんですね〜! やっと南辺りから話の流れが掴めましたー。でも、あれですよね、四年に一度っていうくらいなんですから、こっちの方、お高いんでしょう?」
徹が小さく親指と人差し指をくっつけて見せる。
「そうですよね、奥さまっ! 一番気になるそのお値段! なんとなんと今回は公の場でお政(まつりごと)ということで、皆さんから普段頂いている有難い有難い“税の金”を、ここぞとばかりに使わせていただきます!!」
「わーい! 私たちの四年間貯めたポイントが、一気に使えるのね〜!!」
「そう、今回の新潟市議会議員選挙の投票権! ご自宅への送料、その他諸々の手続きも含めましたお値段がなんとなんとー…」

二人が両手を大きく振りかぶって叫んだ。

 

『ゼロッッッ!!!!!』

 

team-0が誕生した瞬間だった。

懺悔 ー もがき、されども、苦しまず。

列島に巡る北風と共にお財布事情的な大寒波が押し寄せる中、

これから、保科は西へ、徹は北へと向かいます。
 
 
team0/一労一作vol.2】

f:id:team-0:20170212120406j:plain

 
 
 
 
寒い。
 
ふーっと大きな白い息を吐く。
 
よし、と思う。
 
 
ジタバタせずに武者震おう
 
武者震いで暖まろうー。
 
 

 

 
 
先日お会いしたI知県在住の○山さんから、愛の込もったメッセージが届いた。
 
 
君は自由な世界にいて、わたしは不自由な世界にいて、君といると自由な世界にいきたくなってしまう。でもそれは実際絶対無理でそしたら絶望が見えてしまった。
 
自分にとって辛い世界にいる自分に気が付いてしまった。
気が付かなければ幸せだったのに。
それを気付かせたのは君。
 
私の精神バランスを完全に崩してくれたよ。

 

 
僕もまた、愛を知り愛に殉ずる一人の人間として、心を込めて返信した。
 
 
そんなの知りません!!!!
 
 
返信はもう、無い。
 
 
 
 
team-0
 

 

f:id:team-0:20170212122647p:plain

 

 

 

もがき
 
 
 

 

f:id:team-0:20170212121911j:plain

 

 

 

 

されども
 
 
 
 

f:id:team-0:20170212122141j:plain

 
 
 
 
 
苦しまず
 
 
 
 
 

f:id:team-0:20170212123010j:plain

 
 
 
明日、死ぬかもしれない。
 
 
 

悲壮感なき玉砕 ー こんな馬、他に誰がいるか。いない。ツインターボだけだ。

1988年4月13日、後に『最後の個性馬』と呼ばれ、競馬ファンから愛された競走馬が誕生した。彼の名はツインターボと言う。

同年6月29日、『ジメっと明るい馬か』保科亮太、誕生。

翌々年11月24日、『生まれ変わった嘉向秀雄』サラブレット徹、午年に誕生。

 

 

小さい体だったからか、ツインターボはとにかく怖がりで、馬群の中に入れたらひるんでしまって全く競馬にならない気性の馬だった。彼の戦法は「大逃げ」。

チームゼロもまた、一般社会では萎縮してしまって使い物にならない、引退寸前の老馬だ。逃げ足だけは早い、かもしれない。

 

逃げ馬は時として逃げないこともあるが、ペースなどという単語を微塵も感じさせない破滅的な大逃げを打つ。反面、強気の大逃げからぐんぐんと馬群に沈んでいく玉砕スタイルも併せ持つ。競馬ライターの山河拓也氏は、ツインターボを「悲壮感なき玉砕。こんな馬、他に誰がいるか。いない。ツインターボだけだ」と評している。

 

チームゼロも振り返ることを知らない。ただ前に逃げ進む。近年では、歩いたり、立ち止まることも善しとしている。この日も『湯河原春の陣』を敷くべく、城主・プレゴ郎率いるプレゴ湯河原店のゲートに並んだ。それぞれが片手に握りしめた一万円。大逃げでゴールテープを切るイメージはできていた。

 

逃げ切った時の勝ち方も豪快なら負け方もまた爽快。勝つ時も負ける時も、ツインターボは常にスタートからエンジンを全開にする。もちろん観客も彼の大逃げを期待する。しかし、多くの場合は玉砕して散る。次のレースでも、また懲りずに先頭をひた走り、やっぱり玉砕するのだが、お金を賭けた人ですら「やっぱりやりやがった! しょうがねえなあ」と笑っている。

 

一方、一人が当たるとその出玉を隣に座る相方へと渡す、両エンジンを兼ね備えたチームゼロ。その戦法が見事当たり1万発に到達。しかし、それは海外渡航を控えた二人のゴールではない。最高、いや、最低でも2万発、それがレースを終わらせる条件だった。

 

ゲートが開くと同時にロケット花火のように飛び出し、大逃げを打った末に逆噴射を起こし、ともすれば故障発生にしか見えないようなムーンウォークを見せ、最後は歩いてゴール板の前を通過する。勝ったレース以外では掲示板にすら載っていない。そんな競馬しかできなかった。

 

一度は一万発の大台に玉数を乗せ、レースでは頭一つ抜きん出たチームゼロだったが、後半徐々に失速、当たるけれども、続かない。継続性に欠けた展開。みるみるうちに隣の台に抜かれていく。常人であればここで潮時と見るだろう。けれども、この両エンジン、燃料が尽きるまでは止まることを知らない。

 

www.youtube.com

 

続きを読む

シネルテンクニ ーただ無償で、無意味に、無目的に、無条件に爆発するだけ。

www.youtube.com

 

ここに【零ノ藩家訓十五箇条】を記す。

f:id:team-0:20161225131121j:image

 

 

一、義務教育は、もう終わった

f:id:team-0:20161225130847j:image

 

 

一、予定や計画は立てず、余白を生かす

f:id:team-0:20161225131335j:image

 

 

一、傷ついて、はじめて気付けて、築ける

f:id:team-0:20161225131557j:image

 

 

一、成功ではなく、失敗にこだわる

f:id:team-0:20161225131705j:image

 


一、得をするのではなく、損を得る

f:id:team-0:20161225131932j:image

 


一、高きは低きに流るる

f:id:team-0:20161225132346j:image

 


一、もらったモノは留めずまわす

f:id:team-0:20161225132704j:image

 


一、自分だけは、絶対に離さない

f:id:team-0:20161225132725j:image

 


一、ハグせざるモノ、働くべからず

f:id:team-0:20161225134655j:image

 


一、ハグせざるモノ、食うべからず

f:id:team-0:20161225132954j:image

 

 

一、ハグせざるモノ、遊ぶべからず f:id:team-0:20161225134724j:image

 


一、白でも黒でもない、レインボーアンサーとは

f:id:team-0:20161225133513j:image

 


一、きれいに咲こうとせず、美しく散る

f:id:team-0:20161225133814j:image

 


一、100万人の共感よりも、たった一人のあなたへ

f:id:team-0:20161225133843j:image

 

 

www.youtube.com

 

 

 f:id:team-0:20161225134026j:image

一、明日死ぬかもしれない

僕たちは世界も自分も変えることができない。But, we wanna build a myself in Cambodia. [Epilogue]

カンカンカン
カンカンカン
自分たちで踏切の音を鳴らす

自分で決めるとスイッチが入り
自分で断つとレバーが引ける
錆びれたおんぼろ奇勘車

レールはあるのかないのか
借りてもこれるし作るもできる
車両は一つで座席はない
借りるは楽で作るは大変

ああきっと僕たちは
僕たちだけで走ることもできないんだね

ああきっと僕たちは
世界も自分も変えることができない

 

youtu.be

 

キュルルルル

ドンドンドン
自分たちでエンジンの音を鳴らす

自分で決めると鍵がまわり
自分で断つとアクセル踏める
車検切れのぽんこつ児童車

道路はあるのかないのか
買ってもこれるし造るもできる
ブレーキあるけどハンドルない
買うのは楽で造るは大変

ああやっぱり僕たちは
僕たちだけで動くこともできないんだね

ああやっぱり僕たちは
世界も自分も変えることができない

 

youtu.be

  

忘れものはなんですか

忘れるくらいのものですよ


忘れないものはなんですか

明日リュックサック持って行け


ああきっと僕たちは

世界も自分も変えることができない


ああやっぱり僕たちは

世界も自分も変えることができない

 

f:id:team-0:20161128211151j:image

 

f:id:team-0:20161128211229j:image

 

明日死ぬかもしれない。

稲むらの火 ー 駄目なところが駄目なままで駄目じゃない

 昔、むかし、佐渡ヶ島にある野浦という村に、八兵衛という男が住んでおったそうな。

八兵衛は生来のダウナー系コミュ障のため、国立大学を中退したニートだったが、隣に住む鈴(すず)が分かりやすく大好きだった。

ある夏の夕暮れ、その日は村祭りで、鈴と婆さんが神社に出かけていった。八兵衛も珍しくわくわくしながら小ざっぱりした着物に着替えていた時、突然、ぐらぐらと長い横揺れが起こった。

 ー長い地震の後には津波が来るー

八兵衛は村の古老・源右衛門から聞いたことを思い出し、はっと海を見た。

すると、海の水がものすごい勢いでどんどん沖に引き始めていた。

「鈴、すず」

八兵衛は大急ぎで松明に火をつけ神社に走ったたが、津波の到達するまでにはとても間に合わないと思った。

「どうすりゃええんじゃ」

途方にくれて見上げた空に、星々が美しく輝きはじめていた。それが野浦の棚田に広がる黄金の御米粒たちの姿と重なった。

八兵衛は、はっとして山へ駆けだした。

左胸を前に突く音がどんどん大きくなっていく。

やるしかない、やるしかない。

八兵衛は、稲刈り後の田にあった稲むら(稲の束)に火をつけて皆に気づいてもらおうと考えたのだった。

ー今年も本当に助かったよ

ボスと皆で一生懸命に稲刈りをした日々を思い出した八兵衛は、それらの稲に火をつける事にためらいを感じた。

そこでなんと、せっかく苦労して刈った八兵衛家の稲むらに火をつけたのだった。

「おとうさん、ごめんよ」

めらめらと燃え上がる稲むらからは、もくもくと煙が上がり、祭りに夢中になっていた村人たちもすぐに気が付いた。

村人たちが火事を消そうと駆けつけた。

津波が来ている、山へ逃げろ」

八兵衛は婆さんを背負い、鈴と一緒に駆け出した。

もう目の前に津波が迫ってきていた。村人たちは必死になって山を駆けのぼった。

八兵衛たちが最後に山へ登りきった時と津波が村を飲み込んだのは、ほとんど同時だったそうな。

幸いにも村の中で誰一人死んだ者はなかった。

その日を境に、村の人々は八兵衛家へと余った米を分け与えるようになった。

八兵衛のコミュ障はほとんど治らなかった。

 

 

www.youtube.com

 

 「稲むらの火」のスピンオフはこちら

10月10日(月) - 天パ日記

 

 

f:id:team-0:20161021194026j:image

明日死ぬかもしれない。